XBRLとは

XBRL(eXtensible Business Reporting Language)とは、財務・経営・投資など、ビジネス報告のための様々な情報を記述できるXMLベースの言語です。特に、組織における財務情報・開示情報(財務諸表や内部会計報告など)の記述に適しています。国際組織であるXBRL.Internationalから、2005年4月25日付けのXBRL 2.1 Specification最新リリース(以降、XBRL2.1Specificationと略します)が公開されています。

財務情報は、年度ごと、あるいは組織や業種ごとに、文書構造や項目、計算式などが異なるといった特徴があります。このため、従来の作成方式では作成コストがかかるだけでなく、共通化や二次利用が困難です。

XBRLでは、財務情報の作成・流通・分析・変換などに適した、XMLによる標準規約を制定しています。また、XBRL 2.1 Specificationの規約には、XML SchemaやXLinkなどのWorld Wide Web Consortium(W3C)で標準化されているXML関連技術が積極的に取り入れられています。

eXtensible Business Reporting Language (XBRL)

XBRL(eXtensible Business Reporting Languageは、各種財務報告用の情報を作成・流通・利用できるように標準化されたXMLベースの言語です。XBRL仕様(XBRL Specificationは、ソフトウェアやプラットフォームに関係なく、電子的な財務情報の作成や流通・再利用を可能にします。したがって、公開会社、非公会社、会計専門家、監督機関、アナリスト、投資家、資本市場参加者、ソフトウェア会社、情報提供会社など、財務情報のサプライチェーンに関係するすべての当事者に、財務情報提供のためのコストを削減させ、正確な財務情報をよりスピーディーに利用させることを可能にるのです。特にインターネット上に公開されている財務情報については、ブラウザーによる検索の精度が向上することにより、その価値が飛躍的に高まるという効用もあります。もちろんこれは、既存の開示や会計基準の変更を求めるものではありません。

このようなメリットを実現するキーとなっているのは「標準化」です。当初米国公認会計士協会が中心となって設立されたXBRL ORG(その後XBRL Internationalに改組)は、国際会計基準の設定主体であるIASBをはじめ、財務情報サプライチェーンに関係する各種企業・団体がメンバーとなり、XBRLの標準化と普及を全世界レベルで強力に推し進めています。会計基準の世界標準である国際会計基準が急ピッチで整備されていますが、財務諸表を中心とする財務情報の作成・流通・利用をXMLで可能にするのは全世界でもXBRLをおいて他にはなく、世界中の関心が確実に高まっています。